好機、到来!

昨夜は、渋谷教室の授業に8人の方が参加してくれました。この状況のなか、久しぶりに多くの方に参加していただき、以前と同様に充実した授業ができたことを、大変嬉しく思っています。
渋谷駅は、計画停電のためいつもより暗くなっていますが、湘南新宿ラインが運休している以外は、JR線、東急線、地下鉄線もほぼ不便なく動いています。多くの会社が節電のために早めに業務を切り上げているせいか、帰宅のピークがだいぶ早まっているように見受けます。皆さんの勤め先ではいかがでしょうか。
さあ、今がチャンスです。「えっ、何のチャンス?」ですって。訓練を先に進めるチャンスです。早く帰宅できた分、速読の練習ができるではないですか!
震災直前の集中セミナーでBクラスを修了した方がいます。以前この欄で、「最近伸びの早い方が多くなっている」と書きましたが、そのときに挙げたなかの一人です。入会したのが、昨年の11月半ばですから、期間にして4ヶ月弱、オープニングと集中セミナー9回で、Bクラスを修了しています。しかも、第四読書は、2万字/分を超えています。2002年の「ためしてガッテン」で実演したお笑いコンビ「おはよう。」の二人よりも、早い伸びです。
講師から見たAさんの訓練は、訓練の説明や指示をそのまま,とても素直に実行しようとしてくれること、教室で学んだことを自宅でよく練習してくることが、その特徴です。自宅でどのくらい練習していたかというと、はっきり分かりませんが、毎日1時間あまりだと思います。なぜはっきり分からないかというと、最初の頃は記録用紙に1時間ぐらいと書いているのですが、数回後からは、自宅練習中の、自分の意識状態を観察した結果を記入するようになったからです。
この辺に、Aさんの伸びの秘密がありますね。教室でも、速度ではなく、自分の体調や意識状態にとても気を使って訓練していました。もし、訓練方法などに疑問がありましたら、教室で講師に遠慮なく聞いてください。そして質の高い訓練を目指してほしいと思います。
食生活や視覚機能に問題がなかったこともAさんの伸びが早かった理由です。けど、問題があったとしても、毎日1時間練習したなら、問題を改善するための期間は必要ですが、着実に伸びていきます。逆に、現在どんなに高い読書能力や、良い眼を持っていたとしても、練習しなければ伸びません。
津波の被災には心が痛みます。原発事故の経過も心配です。しかし、私たちが同情し心配しても、問題が早く解決するということはありません。早めに帰宅できる今こそ、チャンスです。日頃の訓練で培った「鎮まり」を発揮して、訓練に集中すると肚を決めましょう。今やっていることに集中することこそ、訓練の要諦です。
「速読脳開発プログラム」の訓練を実践して、心身眼の3つの面から自己を改善、向上させていってほしいと思います。家庭でも職場でも、持てる能力を最大限発揮できる自分になること、そして家庭や職場で、実際にその力を発揮することこそ、間接的ですが、被災地の復興と日本の再生に役立つことだと思うからです。(豊文)

心機一転

東北地方太平洋沖地震にて被災された皆様、謹んでお見舞い申し上げます。
私は中学まで青森県、高校が岩手県でしたので、三陸沿岸に住んでいる友人や、宮城県仙台市に住んでいる友人もおります。まだ安否が分からない人もおります。無事であること、支援が少しでも早く届くことを心から祈るしだいです。
また地震被害を受けた福島第一、第二原子力発電所の事故も、これ以上の大事に至らないことを切に祈っております。命を削りながら、事故を収束させるための作業に当ってくださっておられる皆さんに感謝致します。
東京は直接的な被害はほとんどなかったものの、現在、計画停電のために交通事情が悪くなってしまい、間接的に大きな影響を受けております。当教室には物的あるいは人的な被害はないのですが、坐禅断食の会場は津波の被害を受けたため、借用できなくなってしまいました。残念ながら、3月のおもいかね坐禅断食会は開催を中止させていただきます。
授業のキャンセルも相次いでおります。原子力発電所の事故、計画停電、余震、津波被害地への支援体制などがはっきりしてこないと、とても教室に通う気になれないと察します。また受講したとしても、鎮まることが難しいと思います。これらのことを合わせて考えた結果、渋谷教室と池袋教室は、21日月曜日まで、授業を休みにすることにしました。急な決定で誠に申し訳ありませんが、諸般の事情をご賢察の上、ご理解頂きたく、よろしくお願い申し上げます。
久しぶりの教室物語が、このような連絡になってしまったのはちょっと残念ですが、嬉しいお知らせもあります。全体の流れとしては良い方向に向かっているように感じています。
地震のあった金曜日、実は、私は比叡山に行っておりました。比叡山では、千日回峯行という荒行が有名ですが、それを満行した行者(大阿闍梨と尊称されます)さんが、「速読脳」に興味を持ってくださり、お伝えしに行ってきたのです。
比叡山に速読の仲間ができました。年に一度行われる大護摩(世界平和のための祈りを捧げる、外で焚かれるお護摩。今年は、地震津波による犠牲者の鎮魂と復興も)という行事にも参加させてもらい、阿闍梨さんのお護摩を拝ませてもらいましたが、素晴らしい法力の持ち主とお見受けしました。当連盟にとっては、大変有り難いご縁を頂いたと思います。
22日からは、心機一転して、授業を再開しますので、皆様の積極的ご受講をお待ちしております。なお、19日、20日の岡山セミナーは、予定通り開催致します。(豊文)