ご受講、深謝!

あと1時間で、今年も終わろうとしています。
振り返ると、例年にもまして、さまざまなことがあった年のように思います。
個人的には、正月のニサルガダッタ・マハラジ「アイ・アム・ザット」の読書から始まり、目覚め、気づき、非二元論、そして禅に回帰した1年でした。これらと「速読脳」開発との関連も見えてきて、「速読脳開発プログラム」をまた一歩進めることができた年のように思っています。
「速読脳開発プログラム」の訓練も、この欄でも何度か書いたと思いますが、皆さんがどんどん伸びてくださるようになりました。講師として、皆さまのご協力のもと、いっそう楽に楽しく指導できるようになり、とても感謝しております。今年も新しいフォーマットが生まれ、その伸びの良さは、教本だけで頑張っていた時代とはもちろん、テイクオフフォーマットの時代とも比べても、隔世の感があります。
このような成果が、典型的に現れたのが、今回の合宿「限界突破合宿セミナー」でした。嬉しく、そして有り難いことに、新しく記録が塗り替えられました。塗り替えてくれたのは、昨年の最優秀賞受賞者のMさんです。受賞後も、この1年間、コンスタントに、教室に通ってきてくれたのですが、その成果が、この年末の合宿に現れました。
訓練理解速度(第四)が17万字/分を超え、さらに一般書5分読みで、1400ページを超えました。Mさんも仰っていましたが、すでに四読で17万字/分を超えた記録を出していたKさんの存在が大きかったと思います。Kさんが先導してくれました。
もちろん、数字自体にはさほど意味は無いと思います。そこに至る過程での、人間的成長、自己をどれだけ深めることができたかが大切と思います。今回の合宿では、Mさんにミニ講演をしてもらいましたが、私は、この点でも十分に納得しました。このコラムを読んでいる皆さんも、いつか、Mさんのお話を聞くことができるよう、その機会を設けたいと思います。
私は、合宿で力を尽くしましたが、教室でも、講師、受講生の皆さんが、冬期連続1DAYセミナーを頑張ってくれました。自宅で訓練を続けておられる方もいらっしゃると思います。明年こそ、皆さんの飛躍の年になることと確信しております。
来年は、1月4日日曜日から、授業が始まります。
この一年、本当にありがとうございました。(豊文)