これだから、本を読むのはやめられない!(その2)

3.11の地震、津波、そして原発事故は大変な災害でした。そこから学んだ教訓はたくさんありましたが、「テレビや新聞の報道は必ずしも信じるに足るものではない」と教えてくれたことは、大きな意義があったと思っています。私たち戦後世代は「大本営発表」を直接聞いたことがなく、過去のものと思っていたのですが、現在も存在するんですね。大変勉強になりました。
私などは、素直な質(笑)なものですから、マスコミが流すニュースなどは、何かおかしいと思っても、つい信じがちだったのですが、それではいけないのですね。私たちが、受け身的に得ている情報、特にテレビからの情報は洗脳の道具として利用されていることは分かっているのですから、何かおかしいと感じた時は、自ら情報を求め、探すことが大事というわけです。そこに、本を読む意義があるし、「速読脳」を開発して、たくさんの本に接する意義があるわけです。
たとえば、ウクライナの問題。自分の日常生活とは無関係と多くの人は考えていると思います。けど、そうではなさそうです。
今、我が国で起きている、健康体力低下の問題、経済的に二極分化している問題、自殺者が年間3万人という問題、幼児虐待の問題、TPPの問題など、それらの根っこは、同じようです。
そんな思いを私にさせてくれたのが、今日紹介する1冊。「世界を操る支配者の正体」馬渕睦夫著。
本のタイトルからして、アヤシげですよね。陰謀論の本かと思わせるようなタイトルです。けど、著者は、ウクライナ大使を務めたことのある外交官です。私が、感心したのは、たくさんの本を読んで、その行間をよく読み取って、この本をまとめているということです。その意味で、本の読み方を教えてくれる本でもあります。
著者が行き着いた、世界を操る支配者の正体は、いわゆる陰謀論とほぼ同じです。陰謀論は、憶測の世界の話ではなく、すでに出版されている本、日本でも翻訳されている本を丹念に読めば、実は、すでにその支配者たちがオープンしている内容なのだということが、この本を読んでよく分かりました。このことは、恐ろしいことです。陰謀論として、ウソだ、ホントウだと言っているうちは、面白い話です。が、それが本当の現実の話だとなると、結構、怖いものがあります。
マスコミからは、西側の情報しか流れてきません。そんななかで、それを超える情報を語る外交官の本、読み始めたら、やめられないかもしれません。(豊文)

これだから、本を読むのはやめられない!(その1)

面白い本を見つけました。面白いと言っても、もちろん笑える本ではなく、眼を開かせてくれるという意味です。
教室では、いつも食べ物に注意を払うよう、お勧めしていますが、いつも疑問に思うのは、私なんかが言わなくても、多くの専門家が明らかにしている分かり切っていることなんだから、国がしっかり国民の健康と能力を守る政策と取ってくれればいいのに、ということです。
実は、国民に何を食べさせるかというのは、国民の健康と能力を守るためにとても大事なことだと思うのですが、それさえ、純粋に栄養と健康の関係からは決まらないのです。日本人が「肉、牛乳、卵」を摂るようになったのは、アメリカとの協定によるということは、数年前と20年位前の2回、NHK-TVの特集番組で取り上げているのを見ました。数年前の報道では、「それは日本を占領する政策の一環として、戦時中に計画されていたことだ」述べていました。
国民の健康と能力を守る政策でさえ、その決定には、国際関係が反映されるというわけです。要するに、国家間の力の関係で、伝統的な食生活はできなくなり、強い国にとって都合のよい食物を食べざるを得ないというのが現代なわけです。
日頃のニュースを見ていますと、この食べ物の問題が明らかに影響していると推測される事件が頻繁に報道されています。また、国際的にも、どこの国民も望んでいない紛争や戦争が起きています。なぜこんな不思議なことが起こるんだろうと思っている方も多いのではないでしょうか。
これから、数回、そんな疑問を考えるのに参考になる本を紹介していきたいと思います。
まず、手始めは、
「『アメリカ小麦戦略』と日本人の食生活」 鈴木猛夫 藤原書店発行 です。
ぜひご一読ください。(豊文)

ご受講、深謝!

あと1時間で、今年も終わろうとしています。
振り返ると、例年にもまして、さまざまなことがあった年のように思います。
個人的には、正月のニサルガダッタ・マハラジ「アイ・アム・ザット」の読書から始まり、目覚め、気づき、非二元論、そして禅に回帰した1年でした。これらと「速読脳」開発との関連も見えてきて、「速読脳開発プログラム」をまた一歩進めることができた年のように思っています。
「速読脳開発プログラム」の訓練も、この欄でも何度か書いたと思いますが、皆さんがどんどん伸びてくださるようになりました。講師として、皆さまのご協力のもと、いっそう楽に楽しく指導できるようになり、とても感謝しております。今年も新しいフォーマットが生まれ、その伸びの良さは、教本だけで頑張っていた時代とはもちろん、テイクオフフォーマットの時代とも比べても、隔世の感があります。
このような成果が、典型的に現れたのが、今回の合宿「限界突破合宿セミナー」でした。嬉しく、そして有り難いことに、新しく記録が塗り替えられました。塗り替えてくれたのは、昨年の最優秀賞受賞者のMさんです。受賞後も、この1年間、コンスタントに、教室に通ってきてくれたのですが、その成果が、この年末の合宿に現れました。
訓練理解速度(第四)が17万字/分を超え、さらに一般書5分読みで、1400ページを超えました。Mさんも仰っていましたが、すでに四読で17万字/分を超えた記録を出していたKさんの存在が大きかったと思います。Kさんが先導してくれました。
もちろん、数字自体にはさほど意味は無いと思います。そこに至る過程での、人間的成長、自己をどれだけ深めることができたかが大切と思います。今回の合宿では、Mさんにミニ講演をしてもらいましたが、私は、この点でも十分に納得しました。このコラムを読んでいる皆さんも、いつか、Mさんのお話を聞くことができるよう、その機会を設けたいと思います。
私は、合宿で力を尽くしましたが、教室でも、講師、受講生の皆さんが、冬期連続1DAYセミナーを頑張ってくれました。自宅で訓練を続けておられる方もいらっしゃると思います。明年こそ、皆さんの飛躍の年になることと確信しております。
来年は、1月4日日曜日から、授業が始まります。
この一年、本当にありがとうございました。(豊文)

合宿セミナー、追加開催します!

珍しく、続けて教室物語を書いています。
すでに案内が届いていると思いますが、今月26日からの限界突破合宿セミナーが、キャンセル待ちが出てしまいました。案内を発送した時点でほとんど満席の状態で、誠に申し訳なく、追加開催を検討してきましたが、何とか会場を確保できましたので、緊急ですが、追加開催することに致しました。暦の都合で、いつもの合宿より1日短い2泊3日のセミナーとなりますが、朝から夜まで、速読に没頭する体験を堪能していただけることと思います。
合宿での一番のメリットは、仲間が出来ることだと思います。「道友」という言葉がありますが、一緒に同じ目標に向かって進む友人を持つことは、訓練を成就させるための大切な鍵です。ぜひこの機会を活用していただきたいと思います。
同じ釜の飯を食べながら、訓練に没頭する、これは、日常の喧噪を離れ、多忙な仕事も忘れ、子供のときのように無邪気になれる時間です。現代の慌ただしい生活のなかでは、珍しい時間と言っていいかと思います。
その意味で、通常開催の1day や3時間授業では鎮まりや集中に不足を感じる方、テイクオフの見方をつかみ切れない方、自宅練習の継続が難しい方、訓練を再開しようと考えている方、などに特にお勧めです。「体力に自信が」という方も、朝から体調を整え、夕方の運動等も入れて、進めますので、安心してご参加ください。初参加の方、大歓迎です。
打上げで、一緒に、美味しいお酒で乾杯できることを楽しみにしております。奮ってご参加ください。(豊文)
日 程:12月19日(金)20時現地集合、開会式、懇親会
    12月20日(土)6時半〜21時。朝の体操、坐禅瞑想、新聞の速読
             練習、トレーニング、夕方の運動、トレーニング、
             21時〜22時。個別アドバイス
    12月21日(日)6時半〜17時。朝の体操、坐禅瞑想、新聞の速読
             練習、トレーニング。
             18時から、打上げ(任意参加)20時解散。
会 場:クリアビューホテル(野田市瀬戸548、つくばエクスプレス
              「柏たなか」駅より、送迎バスあり)
講 師:佐々木 豊文
定 員:8名
参加費:¥80,000.(今回だけの特別割引価格、消費税込)
備 考:19日の夕食は各自でお願いします。受賞者によるミニ講演は、調整中
    です。

「速読脳開発プログラム」の全貌が本に!

師走に入り、ずいぶん寒くなってきました。朝早く起きて訓練している方は、ちょっと辛い季節かと思いますが、ぜひ淡々と続けていっていただきたいと願っております。
さて、ここ2、3日で、会報がお手元に届いたかと思います。今号も、受賞者の皆さんの挨拶が載っています。受賞した人は特別な人のように思いがちですが、みんなそれぞれ改善すべき課題を持っているのを読み取っていただけると思います。難しい問題を持っている人の方が、腰を落ち着けて淡々と訓練を続け、受賞に至っているようにさえ、見受けます。訓練の参考になれば幸いです。
最後のページに、1月に拙著が刊行されるというニュースが載っています。
前2作は、速読について書いたものではありませんでしたが、今回は、ズバリ「速読脳開発プログラム」についてです。
しかも、「速読眼」「速読脳」を開くとはどういうことなのか、どのような訓練をして、どのような能力開発がなされるのか、今までの本のなかでは、一番具体的に、「速読脳開発プログラム」の全貌を分かりやすく書いたつもりです。そのために、体験談もたくさん載っています。
速読という言葉が、あまりに一見分かりやすいために、当教室の「速読脳開発プログラム」とは全然内容の異なる速読法が出回っていますが、少し差別化を図りたいと思って、タイトルには「毎分10万字/分を読破できる・・・」という表現を敢えて入れました。逆に、どうせ拾い読みだと誤解する人も出るかと思いますが、もしそんな人を見つけましたら、すべての文字を順に読んでいくのだと教えていただければ有り難いです。
予定では、1月5日に取り次ぎ店に入りますので、その後2、3日後のうちに、一般書店の店頭に本が並ぶと思います。現在受講している会員の皆さまにも、大いに参考になる本のはずです。どうぞ、早めに読んでいただき、日頃の訓練に役立てていただければと思います。そして、ご家族ご友人の皆さまに、ご紹介いただければ幸いです。初版の発行冊数が極めて少ないので、早めにご購入くださいますよう。
本のタイトルは、「毎分10万字を読破できる超速読脳トレーニングの秘密」です。お楽しみに!(豊文)
sokudoku_1118-1.jpg

坐禅断食53回目の述懐

今日で、先週の金土日に開催された第47回坐禅断食会の明け食の期間が終わります。
参加された方、ご苦労様でした。調子はいかがですか?
参加されて今週の速読の授業に来られた方が2人おりましたが、お二人とも、鎮まりがよく、集中が深くなり、よい訓練が出来ていました。両眼視も少し改善したように見受けました。速読の訓練には、やはり効果有りですね。
私自身、53回目だと思うのですが、今回は、初めてほぼ1ヵ月のうちに3回という、連続した坐禅断食でした。坐禅にしても、断食にしても、特別なことをするという心の構えがなくなり、大分自然体でできるようになったと感じました。
53回もやれば、もう変化がないだろうと思われるかもしれませんが、ナンセ、業の深い私のこと、やはり毎回何かしら改善されるのを感じます。
今回は、丹田呼吸が滑らかにできるようになったこと。前回までは、丹田呼吸の下腹の動きに少し段差がついていたのでそれをほぐしたく、按腹などちょっと意識して行っていたのですが、それが取れました。坐禅中の呼吸が楽になったのと同時に、日常の呼吸でのお腹の動きにも、改善があったと思います。
もともと丈夫な方は、初めからできていることだと思いますが、私にとっては、結構大きな変化でした。というのは、お腹の動きが楽になると同時に、腸の動きが改善され、便通が変わったように感じるからです。
先天の気が流れれているとされる奇経という経絡のなかに、腰の周りを一回りしている帯脈という経絡があります。感覚的には、その気の流れが、少し良くなった結果のように感じています。というのは、帯脈上にあった凝りが取れて、呼吸がスムーズになったからです。
奇経は、胎児としてお腹にいたときの気の流れ道ですから、帯脈の気の流れが滞っていたのは、生まれる前からかも知れません。そう考えると、生まれつき身体が弱かったというのも、大便をうまく排泄できなくて、何度も脱腸を繰り返したのも納得がいきます。今回は、胎児のときからの健康問題をちょっと改善できたのではないかと、そんな気がしています。
特別難しいことをするわけではなく、ただ食べずにいて、呼吸をうまく数えられたり数えられなかったりしながらも、坐禅を組むだけの坐禅断食なのですが、親から受け継いだ、どうしようもないことと考えてしまいそうな健康問題を解決するという偉大な働きがあるように、今回は改めて感じました。(豊文)
【新規決定スケジュール】
速読冬期合宿:12月26日から29日、クリアビューホテルにて開催します。問い合わせがあり、すでに予約が入っています。どうぞ早めにお申し込みください。
岡山坐禅断食会:2015年2月20日から22日、アジアの風研修センターで開催します。

新しい営業トーク!

先日の速読説明会に、知人の紹介で来た方がおりました。その知人のというのは、当教室の受講生ではないらしいのですが、「佐々木先生がまだ教えているらしいから、いるうちに習ったほうがいいんじゃない」と言ったとのこと。説明会に来た方は、早速入会されました。なるほど、そんな勧誘トークもあったか、と新しい営業トークを教えてもらいました(笑)。
確かに、いつの間にか、還暦を超えて久しくなりましたから、いつまで教えているか、そろそろアヤシイと考えるのが普通ですね。まあ、幸い、坐禅断食も50回を超え、また自分で慢性腎炎を治した健康ノウハウもありますから、まだしばらくは教室で教えられると思っていますが、生死のことは天命ですから、わかりませんね。元気だから死なないというわけではありません。元気でも、天から与えられた生命エネルギーが終われば、ピンピンコロリで、理想的に死ぬわけですから。
そういえば、最近、周りで訃報が続いています、一回り上の世代ですが。
日本のシルバ・メソッドの責任者の佐々木 ビル 政人氏が9月14日に亡くなりました。日本に、シルバ・メソッドを持ってきた方です。私をシルバ・メソッドの講師をするように依頼してきたのも彼ですから、ビルさんがいなければ、今の私はなかったかもしれません。改めて、受講生の皆さんと共に、ビルさんのご冥福を祈ります。
もう一人は、岡崎久彦氏です。10月24日亡くなられたと、各新聞に訃報がでておりました。岡崎さんは、私が個人レッスンの形で速読をお教えした受講生でした。政治や国際問題に関心がないとご存じないかもしれませんが、安倍内閣の外交ブレーンの一人であり、保守論客として名の知られた方です。
岡崎さんは、早朝に世界の情報を集め、それを読んで、午前中にまとめて、政界、官界、経済界などの要人にその情報を届けていました。その早朝のうちに世界から入ってくる情報は、英文のレポートで、A4の用紙で10mになると仰っておりました。それを毎日読みこなすのに大変な時間と労力がいるということで、私の教室の門を叩かれたわけです。何といっても、国家の命運を決するような重要な情報を読むわけですから、拾い読みや斜め読みはゼッタイできません。すべての文字を順に読む速読だから来たんだと、仰っておりました。
トレーニングは3万字/分まで達成し、200ページ余りの一般書は、2、3分で読んでしまうレベルまで力を伸ばしました。「朝の仕事の時間が半分から3分の1になった」ととても喜ばれておりました。70歳代半ばで、「速読脳」マスターでした。
朝の日課を短い時間で出来るようになり、きっと彼の長生きに少し貢献できたのではないかと思うのですが、残念です。保守の論客ですから、思想的には反対の立場の方もいると思いますが、当教室は右の方も左の方も分け隔てなく受け入れておりますので、受講生の一人として心からお悔やみする次第です。(豊文)

夏期合宿、感動を残して終わる!

昨日、この夏の「限界突破合宿セミナー」が、無事終わりました。
今、連続開催した金土日月の2回のセミナーを振り返ってみて、前半も、後半も、本当にハイレベルのすごい合宿だったとあらためて、感動しているところです。いずれの回も、四読13万字/分70%以上の人が一人いて、さらに、10万字/分70%に肉薄している人が一人いて、その人が終了時測定では、ほぼそれをクリアして終えるという、すごいセミナーでした。
同時に、訓練レベルとしてその次に続く人たちも、二人の達人(合計4人)に着実に近づいてきてくれました。本当に心の琴線に震えを感じるような、嬉しい合宿セミナーでした。スポーツでいえば、オリンピックのメダルレベルに育ってくれた選手たちの見事な演技を見せてもらい、また次のオリンピックをになう若手の素晴らしい演技と技能を伸びを見せてもらったようなものだと思います。本当に、講師冥利に尽きます。参加してくださった皆さま、有り難うございました。
また、2日目に最優秀賞受賞者のSさんに、体験的ミニ講演をしていただきました。そのとき、参加者から質問が出ました。「10万字/分で読むというのは、私からは想像もつかないような高いレベルです。そこまでできたら、もう十分だと思うのですが、なぜさらに続けるのですか?」と。
このような疑問は、おそらく、多くな方が抱いていると思います。Sさんの答えは「10万字/分を追求していくことで、自分にはできていない課題が見えてくるのです。その自分に気づいてしまったら、それを克服して、もっと自分の心を成長させたいと思うじゃないですか!」というものでした。
この答えに私は「じ〜ん」と来ました。すでに10万字/分を達成していたMさんも、この答えに感動していました。「あの答えを聞いて、初心に返りました!」と。そして、その後のMさんの訓練は、質、速度ともにさらに大きく前進しました。まさに感動の連鎖でした。
こんな感動の連鎖を引き起こす場ができ上がるのが、合宿セミナーなんですね。
もちろん、こんなセミナーができるようになった背景に、これまでの30年間、開校以来受講してくださったすべての皆さんの存在があります。今回参加してくださった皆さん、これまでのすべての受講生の皆さん、改めて感謝申し上げます。有り難うございました。(豊文)

訓練目標は週休2日〜3日?

梅雨ですから当たり前ですが、今渋谷は雨が降っています。
けど、今朝の早歩き&ジョギングのときは、ちょうど雨の合間で傘を持ってでましたが降られませんでした。
そう、3日坊主の名人の私も、合宿に向けての体力強化大作戦を何とか続けられております。朝の運動を試みたことは今までにも何度かあるのですが、続いているのは初めてのこと。還暦をすぎて、ようやく私も、人並みに少しは進歩したかも!
うまく続いているのは、毎日やろうとしていないからだと思います。週休2日ないし3日が理想だと思っています。その点、梅雨時に始めたのは正解でした。雨のなか行っても身体を冷やすだけと思うときは、さっと休みにします。年寄りの冷や水にならないよう、じっくり時間をかけて身体を慣らしていって、まずはジョギングで廻れるようにしたいと思っています。そして、いずれはフルマラソンに!(笑)
速読の訓練を毎日できないと嘆いている方がおられましたら、週休2日〜3日を目標にするといいかもしれません。訓練をできない日があっても、気持ちが落ちないですから、間違いなく長続きします。続けられれば、しめたもの!ナンセ、「速読脳」を開発するコツは、ただひとつ、「長く続けること」だけですから!
前回、夏の合宿セミナーの計画をお知らせしましたら、早速たくさんのお申し込みを頂き、有り難うございました。現在のところ、前半4名、後半7名の申し込みを頂いております。普段教室に通えない方には特に絶好の機会ですので、引き続きご検討頂ければと思います。なんと、前半と後半を連続で申し込まれた方、2名!何よりの激励でした。(豊文)

今年の夏は、2回!!

前回の教室物語には、多くの方からメールを頂きました。有り難うございました。
本の紹介を読んで、「この情報をもっと早く知っていれば・・・」というメールもありましたが、こんな情報は一般に流してほしくない勢力もあるわけですから、私たちが「がんを治せる」といった情報に接することができたこと自体、時代の進歩であり、ラッキーの一言に尽きると思います。
現在、西脇先生のクリニックは予約でいっぱいのようです。が、地方の方でもできるような方法をとっているらしいですから、頻繁に通えない方もあきらめずに相談してみると良いと思います。
また、私が久しぶりに教室物語を書いたのを読んで、久しぶりに受講に来てくださった方も、先週、今週とびっくりするほど、多かったです。2、3ヶ月どころか半年ぶり、1年ぶりという方もいらして、お会いできて感激しました。有り難うございました。
スーパートライ以来半年近くいらっしゃらなくて、どうしているかなと思っていたOさんは、毎日、10分は練習していたとのことで、わずか10分ですが、スーパートライで得た集中力や読書速度をしっかり維持していました。そして、授業でさらに伸ばしていきました。このままスーパートライをきっかけに乗ることができた上昇曲線に、完全に乗ってしまうことを祈念しております。
さて、もう6月も半ば。授業のときに、夏の合宿について何人かの方に聞かれました。まだ、会報でも告知していないので、教室物語を読んだ方優先になってしまいますが、今年の夏も、合宿「限界突破合宿セミナー」を開催することを、ここに宣言します!!
私自身ずいぶん健康になり、体力が持つようになったのですが、それでも「限界突破合宿セミナー」は、私の体力の限界突破セミナーだと毎回思ってしまいます。なんせ、朝6時半からのヨガや仙道の行法を取り入れた心身準備から始まり、夜は10時を過ぎるアドバイス終了までですから。
というわけで、このセミナーを開催するには、正直なところちょっと勇気と決断がいるのです。けど、昨年の12月は、1回だけ開催を予定していたら、希望者が溢れてしまい、急遽2回開催しました。このゴールデンウィークの合宿セミナーも、オープンする前に、満員御礼になってしまいました。本当に、有り難いことだと感謝しております。
今年の夏は、受講生の方からは、「私はお盆の前がいい」「私は後のほうが都合がいい」と、両方の方がおりまして、「ウゥ〜ン」と悩んだ結果、清水の舞台から飛び降りるつもりで、2回開催することに決断しました。「けど、オマエ、体力は大丈夫か?」と心の声が問うてくるのですが、毎朝、早足で歩いて、汗をかき、体力増強を図ることにしました。
とは言っても、意志薄弱な私のこと、この梅雨の雨で、早くも中断してしまいました。けど、雨でも歩けるように、早速長靴をアマゾンで買いまして、決意を新たにしているところです。というわけで、速読漬けの楽しい合宿ができると思います。
 前半は、8月8日(金)から11日(月)まで、
 後半は、8月15日(金)から18日(月)まで、です。
いずれも、初日の金曜日は、午後8時集合、最終日は午後6時解散です。会場と費用は、前回と同じです。
ご都合がつくようでしたら、ぜひご参加ください。(豊文)